F2

大臣のベース選びの大原則に、「Fenderは買わない」というのがあります。では何で買ったか。無情にも、パーツ取りです。この'75モデルは、PUにAlembic、サーキットにBartolini TCT、ブリッジにBadass-IIが搭載されていたんです。ということで、TCT以外全て外して、今は大阪の友人Y君の手に渡りました。ちなみにデフォルトでは、もろマーカス・ミラー・サウンドでしたよ。

00.1.24. ジャズベ解禁となった今となっては、無理に手放さなくても良かったかも...と弱気。それほど良く組み上げられていたベースです。どこでセットアップしたんでしょう?

Fender Japan JB-75改

98.5.23.購入(Sold)

BACK 2 INDEX

99年の年末、「いい音のジャズベ」が無性に欲しくなり、数十本のジャズベ(Fenderもそれ以外も)を弾き倒し、最後に巡り会ったのがこれ。上で書いたように、FenderやFenderスタイルの楽器は買わない、という信条の大臣でしたが(だって平凡なんだもん)、結局自分が求めていた音がジャズベにある、ということに気付いてしまったのです。悔しいけれどFenderに屈服。このベースの良い所は、ネックがCrewsのリプレイスメント物に変えてあるところ。従って一見Fenderには見えません。ヴィンテージとしての価値は下がってますが、大臣としてはいい音がすれば良い。ネック回りの心配をしなくていいのはとても助かります。ブリッジはバダス1に変更済。正確な年式は分かりませんが、4点止めネック、シリアル#315619から、恐らく72年あたり製かと思われます。ボディは多分アルダーだと思われますが、それほど重くありません。サウンドは、'75以降のモデルよりも中域の出がいいようです。プリプリしたローファイなスラップ音は最高です。ジャズベにこうあって欲しいと思う一つの理想の音だと思います。最近家ではもっぱらこればかり弾いています。

00.9.29. おーたけさんの詳細なる調査の末(感謝!)、'71製だということが判明しました!

Fender Jazz Bass early70's

99.12.13.購入

BACK 2 INDEX

小5の時買ってもらった、記念すべき初めてのベース。恐らく60年代の国産、今で言うビザール系です。最初にこの手のベースを買うなんて、今の世では想像もし難いのですが、当時いなかの楽器店には中古のベースなど滅多になく、兄からこのベースが出たという話を聞いて、喜び勇んで楽器店へ走ったのを覚えています。でも、小学生の腕にはちょうど良い長さのショートスケール、アンプがなくても鳴るホロウボディと、当時の僕にピッタリの楽器でした。今思えば、現在の変型好きの原点がここにあったのかもしれません。この楽器でベースの初歩から、無謀にもチョッパーまで、現在の僕の基礎を学ばせてもらいました。今は実家に大切に保管してあり、コンディションは未だに極上です。今後も手放すことはないでしょう。

Firstman Violin Bass Type

1980.購入

BACK 2 INDEX

SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送